[ しつけ ]

これは、以前 ブログで書いたものです。

無駄吠え(恐怖・警戒)

2005年09月12日 『無駄吠え』と言っても 本人(犬)には、ちゃんと理由がある。 その理由の中で 大雑把に分けると 『要求』『ストレス』『怖いから』『守るため』などです。 『要求』(『ストレス』)は、前日のを読んでください。 『怖いから』『守るため』は、 大変 良く似た心理状態です。 他からの刺激に反応して 弱気にでるか、強気にでるかの 違いです。 それと 同時に その異変を主人に伝えているのです。 ですから 吠えるからと言って やたらに叱ったり天罰方式でも逆効果です。 その異変がある 叱られる。怖い思いをする。 って、教えてることになるからです。 これは、来客に対しては、特に そうです。 この人が来ると いつも 叱られる。(イヤな思いをする。) そう 思わせていませんか? 吠えるってこだけでなく  「この子 この人が嫌いなのよ」って その原因は、こういうことが原因な場合が多いです。 嫌いな人が来た時こそ いいことがあるようにするべきです。 たとえば スワレとか 何か 落ち着かせて 吠えなくなった瞬間 褒めたり おやつをあげたりするのです。 他の些細なことでも 吠えたりしたら いっしょに 何に向かって警戒してるのか 見てあげて 何でもないことを確認してあげましょう。 そのうち それは、危険ではなく 吠える必要がないことに気づくと思います。 散歩中 犬や猫を見て 吠えるのも いっしょ。 ただ、吠えてしまってからだと冷静さがなくなって こっちのかける声が聞こえない場合がありますので できれば 先に こっちが気づき  「ほら、ワンちゃんいるネェ〜」って声をかけて 褒めてあげます。(吠える前に) それを繰り返すと 他の犬がいるといいことがあるって思います。 花火や雷なども (できれば怖いと思う前だともっといいのですが) いっしょに おやつなど食べながら  「ド〜ンって言うよ。ほらね! きれいだねぇ〜。」って なるべく 突然ではなく 心の準備をさせてあげることと 普段から 大きな音・不快な音など慣らせておくことです。 まぁ、だいたい、こんあもんかな? そそっかしい私だから 書き忘れがあるかもだけど 本日は、これまで〜 そうそう、番犬の育て方は、 いつも外界にさらされて逃げ場がない。 例えば 庭先や玄関前につないで飼っている場合。 これは、 誰かが来たら「吠えろ」と言って飼っている様なものです。 精神的に追い詰めて 番犬に仕立て上げるようなことは やめてほしいです。 噛む犬を作り出してるようなものです。 まして、道路に直面していたりすれば 最悪。 ちょっと、奥まった場所や人目につかない場所に変えてあげてほしい。 これでは、いつも 警戒して生活しなければならない。 安心して 気が休まる時間もない。  こう言った環境でも吠えない子も中には、いますが どちらにしても 本当の休息にはならず、本当に野生で生活してるのと いっしょ。逃げることができない分 なお 悪いです。 仮眠状態でしか 眠れないのです。 外で飼うならサークルで外界から 守られた状態にしてあげてほしいです。

HOME http://gon3.dee.cc/