[ しつけ ]

これは、以前 ブログで書いたものです。

トリマーだからこそ

2005年06月19日 私が「褒めるしつけ」が大事っていうのは、 トリミングの来るコ(犬)は、 その子にとって私は、他人。 叱って嫌なことをしようとしても 反発心を生むだけです。 そこで いかに褒めることが大事だと言うことを常々思います。 来た当初は、嫌がって咬んだ子も 嫌がること・咬む事の無意味さを理解させ実感させ、 そして、おとなくししていれば褒められる。 そして、だんだん閉ざしていた心を私に向け 尊敬してくれる。 それが、うれしいです。 咬む子をやるのは、もちろん怖い。 私だって咬まれれば痛いですからね。 しかし、そう言う子は、間違った愛情と体罰でひん曲がったコが多いから 気の毒にも思うのです。 そう言う子を咬むからってダケで断るのは簡単だけど どこへ行っての断られるってのもかわいそう。 汚い状態じゃ家族からも疎まれて 気の毒でしょうがない。 ですから、 私は、そう言う子を少しでも減らしたいし これ以上 増えないでほしい。 断っておきますが、私は、トレーナーじゃありません。 トリマーです。 そして、運のいいことに8年前からバイトに行ったコトロは、 ラブラドールのブリーダーがショップを始めたことで さらにしつけ・訓練を学ぶことができました。 元々 コリ−を飼っていて大型犬が好きでしたから いろんなしつけの本を読み漁りました。 納得できる内容 違うだろう!って思う内容 いろいろですが かなりの本が私のしつけ方の基礎になっていますが、 1番の私の先生は、多くの犬たちです。

HOME http://gon3.dee.cc/